2010年 04月 02日 ( 2 )

都路の桜便り2010 (西陣 平野神社の枝垂桜 ) (2010年04月02日)

桜の季節は境内が100%桜で覆われてしまう、紙屋川を挟んで北野天満宮の西隣で、西大路通に面して、北区平野宮本町にある平野神社さん。本殿を囲む回廊内、ここの珍種、奇種の数十種の桜が有名ですが、訪れた日はまだほとんどが蕾状態でしたが境内南側の桜園の枝垂桜、染井吉野はほぼ八分から満開になっていました。「御衣黄」、「鬱金」(黄桜)、「白雲桜」、「扁桃」(アーモンド)などの奇種はこれからの状態で、残念でした。
c0119555_21583899.jpg
c0119555_21585233.jpg
c0119555_21585956.jpg
c0119555_2159826.jpg
c0119555_21591769.jpg
c0119555_21592540.jpg
c0119555_21593140.jpg
c0119555_21594762.jpg
c0119555_21595752.jpg
c0119555_220613.jpg
c0119555_2201361.jpg
c0119555_220235.jpg
c0119555_2203367.jpg
c0119555_2204156.jpg
c0119555_2204869.jpg
c0119555_220568.jpg
c0119555_221796.jpg
c0119555_221211.jpg
c0119555_2213195.jpg
c0119555_2214172.jpg

[PR]
by fushimi_no_occhan | 2010-04-02 10:55

都路の桜便り2010 (伏見 醍醐寺 下醍醐境内の枝垂桜 ) (2010年04月02日)

c0119555_20553264.jpg
地下鉄醍醐駅から東へ一直線、旧奈良街道に面する山門から境内参道正面の仁王門、下醍醐境内に入ります。下醍醐境内の伽藍には醍醐寺の重要な(国宝)(重文)級の堂宇が点在しています。金堂(国宝、現在のものは秀吉が和歌山から移築したもの)、有名な五重塔(国宝、現存する唯一の創建当時からの建物でかつ最古の五重塔、951(天暦5)年の完成)、醍醐寺の鎮守社清龍宮本殿(重文)、また毎年2月23日の五大力尊仁会(五大力さん)では堂前護摩道場で修験道柴燈護摩が焚かれる不動堂、最も奥には美しい朱塗りが池に映える弁天堂他があります。
c0119555_20554817.jpg
c0119555_20555719.jpg
c0119555_2056473.jpg
c0119555_20561454.jpg
c0119555_20563014.jpg
c0119555_20563931.jpg
c0119555_20564815.jpg
c0119555_20565898.jpg
c0119555_2057678.jpg
c0119555_20571565.jpg
c0119555_20572335.jpg
c0119555_20573049.jpg
c0119555_20573973.jpg
c0119555_20574884.jpg
c0119555_20575554.jpg
c0119555_2058613.jpg
c0119555_20581465.jpg
c0119555_20582254.jpg
c0119555_20583581.jpg
c0119555_20584643.jpg
c0119555_20585498.jpg
c0119555_205962.jpg
c0119555_20591554.jpg
c0119555_20592377.jpg

[PR]
by fushimi_no_occhan | 2010-04-02 10:54