厄除大祭 焼納神事 (八幡 石清水八幡宮 ) (2011年01月19日)

c0119555_211057100.jpg
八幡の男山山頂に鎮座する勅祭社、石清水八幡宮さんでは、恒例の新春祭事の締め括りとして、1月15日~19日の期間、古くは「法会」と呼ばれていた、「厄除大祭」が執り行われ、厄年の男女や、1年間の除災招福を祈願する参拝者で賑わいますが、その最終日の19日は参道西側の広場において「焼納神事」が行われました。返納された古いお札、矢、あるいは無病息災、家内安全などを祈願する火焚串などを火釜において、本殿で採火された神火により一斉に燃やす勇壮なお火焚の儀です。この炎に炙り清められた厄除け餅が参詣客らにふるまわれていました。
c0119555_2111104.jpg
c0119555_21111828.jpg
c0119555_21112616.jpg
c0119555_21113586.jpg
c0119555_21114231.jpg
c0119555_21115114.jpg
c0119555_21115994.jpg
c0119555_2112620.jpg
c0119555_21121499.jpg
c0119555_21122380.jpg
c0119555_21123197.jpg
c0119555_21123914.jpg
c0119555_21124961.jpg
c0119555_21125768.jpg
c0119555_2113576.jpg

[PR]
by fushimi_no_occhan | 2011-01-19 21:14


<< 湯立神楽 (伏見 城南宮 ) ... 桃山の丘陵から見た京都北部の雪... >>