はやぶさ帰還カプセル特別公開 (吉田 京都大学総合博物館) (2011年02月03日)

2月2日夕刻行われる吉田神社の節分祭追儺式(鬼やらい神事)の始まる前に、吉田山の西麓にある京都大学吉田キャンパス内にある「京都大学総合博物館」で開催されている、京都では初公開という、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還カプセル特別公開を見てきました。普段は学生町のこの付近、今日は京都の節分行事では最も多くの人が押しかけると言われている、吉田神社の節分祭で、大学正門のある東一条通から神社境内までびっしりと屋台、露店が続き参詣客でごった返していました。(博物館内は写真撮影禁止のため画像はありません)
c0119555_1141874.jpg
c0119555_1142746.jpg
c0119555_1143853.jpg
c0119555_1145953.jpg

[PR]
# by fushimi_no_occhan | 2011-02-03 11:06

京都での2月1日は何の日? (伏見下油掛町 電気鉄道事業の発祥の地) (2011年02月01日)

今日2月1日は京都で日本最初の電車(電気鉄道事業(チンチン電車))が走った記念日ということです。頃は116年前の1985(明治28)年2月1日、時の民営鉄道事業会社の京都電気鉄道(株)が下京区東洞院通東塩小路(旧鉄道省東海道線踏切南側)から伏見区下油掛町(旧伏見市油掛通)まで、京都駅から伏見へ通じる南北の幹線道路の一つ竹田街道を狭軌の路面電車で営業運転を開始した日。現在の伏見の街でその遺構は何も残っていませんが、南の終点の停車場があったとされる、下油掛通と竹田街道との交差点にある京菓子処駿河屋さんの軒先に「我国に於ける 電気鉄道事業の発祥の地」とある標石でそれを知ることが出来ます。当時のこの事業は1895(明治28)年左京区岡崎公園一帯で開かれた内国博覧会へ大阪方面から淀川を上り、伏見港へ上陸する観覧客の輸送を目的としたもので、東京遷都後、空洞化し活力を失っていた京都を活性化する目的で、当時の巨大プロジェクトの一つ(琵琶湖疏水の開削、水力発電所の建設、電気鉄道事業の立上、平安神宮の造営等々)として対応されたものです。やがて、この電気鉄道は後に京都市が買収、京都市交通局営業の市内全域に亘る市民の足となる「市電」の一路線となり1970(昭和45)年まで営業運行していました。・・・・・と、昔を懐かしむようなことを言っていますが、実は、この市電伏見線を利用した記憶がありません。半世紀前、実家と市電伏見線までは随分距離があり、学生時代、京都の大学への通学は京阪電車を利用し、四条(現 祗園四条)で市電に乗換え南座前から系統①の市電で四条通、東大路通、今出川通回りを利用していました。当時の市電の運賃は記憶が正しければ、均一運賃で往復25円(現 市バスでは往復440円)だったと思います。ちなみに木屋町界隈の繁華街の喫茶店のコーヒー一杯60円~100円程度、学生町のラーメン一杯70円位だったかなぁ~。この当時のチンチン電車は、現在でも数台現存されています。市内にある主なものは、1号電車は大宮交通公園(北区)、2号電車は平安神宮神苑内(左京区)、27号電車は梅小路公園(下京区)。この27号電車は、初期の構造に復元し、公園内の軌道を走行することで動態保存となっています。
c0119555_2243684.jpg
c0119555_224508.jpg
c0119555_225573.jpg
c0119555_225261.jpg
c0119555_2254188.jpg
c0119555_225587.jpg
c0119555_22666.jpg

[PR]
# by fushimi_no_occhan | 2011-02-01 22:06

湯立神楽 (伏見 城南宮 ) (2011年01月20日)

c0119555_21171631.jpg
今日20日は大寒。文字通り薄ら寒い日でした。ここ伏見竹田の城南宮さんでは、古くからの伝統神事「湯立神楽」が本殿正面参道に設けられた1823(文政6)年の銘のある大釜を中心に斎行されました。神事は午後2時から宮司以下神職による修祓から献撰、祝詞奏上へと型通りの神事に続き、舞殿では扇や神楽鈴、榊を手にした4人の巫女さんが祓神楽を舞います。これが終わると襷掛けの巫女さんが大釜の前に進み出ます。まず塩撒で釜を清め、天水を大釜に注ぐ所作である杓取の儀に次いで、煮え滾る釜の湯に洗米と酒を注ぎます。次いで神楽の音にあわせ、神憑りするかのように御幣舞を舞い、その御幣で釜を掻き混ぜます。これで一連の湯立神事の前段の儀式が終わります。最後に笹の束に持ち替え、釜の熱湯で浸した笹の葉で勢いよく熱湯を振掛け邪気を祓い、無病息災、願望成就を祈ります。その湯にかかれば無病息災のご利益にあづかるとか。
c0119555_21173099.jpg
c0119555_21173759.jpg
c0119555_21174438.jpg
c0119555_21175136.jpg
c0119555_21175916.jpg
c0119555_2118532.jpg
c0119555_21181377.jpg
c0119555_21181940.jpg
c0119555_21182653.jpg
c0119555_21183430.jpg
c0119555_21184058.jpg
c0119555_2118487.jpg
c0119555_21185495.jpg
c0119555_2119284.jpg
c0119555_2119828.jpg
c0119555_21191547.jpg
c0119555_21192224.jpg
c0119555_21192981.jpg
c0119555_21193651.jpg
c0119555_21194348.jpg

[PR]
# by fushimi_no_occhan | 2011-01-20 21:20

厄除大祭 焼納神事 (八幡 石清水八幡宮 ) (2011年01月19日)

c0119555_211057100.jpg
八幡の男山山頂に鎮座する勅祭社、石清水八幡宮さんでは、恒例の新春祭事の締め括りとして、1月15日~19日の期間、古くは「法会」と呼ばれていた、「厄除大祭」が執り行われ、厄年の男女や、1年間の除災招福を祈願する参拝者で賑わいますが、その最終日の19日は参道西側の広場において「焼納神事」が行われました。返納された古いお札、矢、あるいは無病息災、家内安全などを祈願する火焚串などを火釜において、本殿で採火された神火により一斉に燃やす勇壮なお火焚の儀です。この炎に炙り清められた厄除け餅が参詣客らにふるまわれていました。
c0119555_2111104.jpg
c0119555_21111828.jpg
c0119555_21112616.jpg
c0119555_21113586.jpg
c0119555_21114231.jpg
c0119555_21115114.jpg
c0119555_21115994.jpg
c0119555_2112620.jpg
c0119555_21121499.jpg
c0119555_21122380.jpg
c0119555_21123197.jpg
c0119555_21123914.jpg
c0119555_21124961.jpg
c0119555_21125768.jpg
c0119555_2113576.jpg

[PR]
# by fushimi_no_occhan | 2011-01-19 21:14

桃山の丘陵から見た京都北部の雪景 (伏見 伏見桃山城運動公園) (2011年01月18日)

c0119555_22261533.jpg
c0119555_22263020.jpg
c0119555_22264151.jpg
c0119555_22265157.jpg

[PR]
# by fushimi_no_occhan | 2011-01-18 22:27